つきのみや公園 浦和 放浪記 』( 年 (昭和3年))で大きな反響を得た。さらに、『 人生劇場 』( 年 (昭和8年))の 尾崎士郎 、『 若い人 』( 年 (昭和8年))の 石坂洋次郎 、『普賢』( 年 (昭和11年))の 石川淳 、『 夫婦善哉 』( 年 (昭和15年))の 織田作之助 などが登場し、風俗小説が流行した。また、 芥川賞 と 直木賞 が制定され、文学がジャーナリズムの注目を浴びるようになった。『 蒼氓 』( 年 (昭和10年))により第1回芥川賞を受賞した 石川達三 は、以後長く活躍した。その他にも、 舟橋聖一 や、 北条民雄 、 岡本かの子 、 中山義秀 、 太宰治 らが新風を生み出した。. 他方で、昭和40年代( 年 (昭和40年) - 年 (昭和49年))以降も女流作家の活動が目立ち、引き続き多彩な文学活動を展開した。特に、『空の果てまで』( 年 (昭和49年))などの 高橋たか子 や、『寂兮寥兮』( 年 (昭和57年))などの 大庭みな子 、 富岡多恵子 などが才能を見せて注目を集めた。 河野多恵子 や 大原富枝 、 森茉莉 、 萩原葉子 ら中堅作家も活躍し、 宮尾登美子 大正時代 小説 ジャンル 竹西寛子 、 林京子 、 金井美恵子 なども活発な創作活動を始めた。その一方で、戦前からの大家も精力的に作品を発表していた。野上弥生子は大作『森』に着手した。名実ともに女流文壇の頂点に君臨していた 円地文子 は『 源氏物語 』の翻訳( 年 (昭和42年) - 大正時代 小説 ジャンル (昭和48年))を完結させ、問題作『 食卓のない家 』( 年 (昭和53年))へと進んだ。 佐多稲子 も地道な文学活動を続け、『樹影』( 年 (昭和48年))や『時に佇つ』( 年 (昭和50年))を発表。 芝木好子 は『青磁砧』( 年 (昭和47年))や『隅田川暮色』( 年 (昭和57年) - 年 (昭和58年))を、 中里恒子 は『歌枕』( 年 (昭和48年))などを書いて好評を博した。.">

大正時代 小説 ジャンル

/ 23.08.2021 / Mitsuo

メニュー コトバンクとは 辞書全一覧 アクセスランキング 索引 利用規約 お問い合わせ. ほしい本に追加 虞美人草 夏目漱石.

お問い合わせ 著者・出版社様などからブックキュレーターの応募などは、お問い合わせフォーム 「ご意見・ご要望」からご連絡ください。 お問い合わせする. また、 日本 に在住する 朝鮮語 を 母語 とする人たちが 日本語 で創作する 在日朝鮮人文学 の流れが生まれた。 金達寿 が先駆的な存在であり、その後 金石範 、 李恢成 と続いた。. もう一つのモダニズム文学の流れは 新興芸術派倶楽部 と呼ばれる小説家たちであるが、むしろその傍流にあった人々から個性的な世界を樹立する作家が現れた。私小説の伝統を受け継いだ『 檸檬 』( 年 (大正14年))の 梶井基次郎 と、頭ばかりが肥大化した知識人を戯画化した『 山椒魚 』( 年 (昭和4年))の 井伏鱒二 がその代表である。.

主人公を渡世人や侠客とし、アウトローの世界を描いたもの。 長谷川伸 、 子母澤寛 が開拓。 国定忠治 や 清水の次郎長 が代表的な主人公。戦後は 笹沢左保 の『 木枯らし紋次郎 崇教真光 手かざし 効果. メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.

また戦前の 立川文庫 の路線は「忍者小説」と呼ばれ、風太郎が発表した「忍法帖」で知られる。. 昭和を代表する時代小説作家である吉川英治にとって最初のベストセラー。  吉川英治と大沸次郎は、昭和を代表する大衆小説の巨匠となります。.

? 14 12 8 5.

また 第二次世界大戦 後、盛んになったのが 現代詩 である、各詩人によって、作風が大きく異なり、共通するものが少ない「分散性」が現代詩の一つの特徴だが、あえて共通要素をとりだすとしたら、私的性が強い事が挙げられる。詩誌「 荒地 」を中心に集まった詩人、 鮎川信夫 、 田村隆一 、 吉本隆明 、詩誌「 櫂 」を中心に集まった詩人、 谷川俊太郎 、 大岡信 、 吉野弘 のほか、 飯島耕一 、 吉岡実 、 入沢康夫 、 天沢退二郎 、 吉増剛造 、 荒川洋治 らが、また 石垣りん 、 茨木のり子 ら女性詩人も活躍した。. 隠しカテゴリ: ISBNマジックリンクを使用しているページ.

この時期には、海外で 日本文学 の翻訳が盛んになり、一部の作家は同時代の海外文学に強い影響を与えるようにもなった。翻訳された村上春樹の作品が多くの国で ベストセラー となり、村上は世界的に最も影響力のある小説家の一人となった。 多和田葉子 は 日本語 と ドイツ語 の両方で創作を続け、その作品は国境を越えて高く評価された。 小川洋子 も『 博士の愛した数式 』( 年 (平成15年))などの作品で世界的に名を知られた。日本国内では、 リービ英雄 や 楊逸 のような、日本語を 母語 としない、日本語で創作する小説家が高い評価を得た。 年 (平成19年)には 川上未映子 、 円城塔 、 磯崎憲一郎 、 諏訪哲史 らが相次いで デビュー した。.

戦後、時代小説は封建的であるとしてGHQの監視対象とされるものの、 山手樹一郎 の明朗もののほか、捕物帳が依然高い人気を保った。その後、 村上元三 の『佐々木小次郎』を皮切りに昭和30年代には剣豪を主人公とする「剣豪小説」ブームが起きた。その流れの中で 五味康祐 『 柳生武芸帳 』、 柴田錬三郎 『 眠狂四郎無頼控 』などの名作が生み出された。さらに 山田風太郎 による『 魔界転生 』や「忍法帖」ブーム、 南條範夫 による「残酷」ブームが起きた。このほか、 池波正太郎 、 藤沢周平 ハンターハンター gi編 鬼平犯科帳 』『 剣客商売 』『 仕掛人・藤枝梅安 』、藤沢は『 蟬しぐれ 』『 たそがれ清兵衛 』などを書いた。. また 第二次世界大戦 後、盛んになったのが 現代詩 である、各詩人によって、作風が大きく異なり、共通するものが少ない「分散性」が現代詩の一つの特徴だが、あえて共通要素をとりだすとしたら、私的性が強い事が挙げられる。詩誌「 荒地 」を中心に集まった詩人、 鮎川信夫 、 田村隆一 、 吉本隆明 、詩誌「 櫂 」を中心に集まった詩人、 谷川俊太郎 、 大岡信 チャーミーキティ 壁紙 吉野弘 のほか、 飯島耕一 、 吉岡実 、 入沢康夫 、 天沢退二郎 、 吉増剛造 、 荒川洋治 らが、また 石垣りん 、 茨木のり子 ら女性詩人も活躍した。.

出典  精選版 日本国語大辞典 精選版 日本国語大辞典について  情報. ノーベル文学賞 の有力候補と報じられる 村上春樹 が 年 (平成21年)から『 1Q84 』を発表し、その年の文芸書の最多売り上げを記録した。この時期、 大江健三郎 は 大江健三郎賞 を創設し、 長嶋有 、 中村文則 、 星野智幸 ら新鋭の小説家を海外に紹介することに尽力した。また、 吉田修一 、長嶋有、 絲山秋子 あかはらかんぱち パワプロ 悪人 』は人気を博した。 出版不況 と言われる中、 純文学 の商業的低迷は続き、 村上龍 や 町田康 、 西村賢太 など純文学以外に活躍の場を持つ小説家が目立った。他方、村上春樹や 小川洋子 、 川上弘美 らの作品は商業的に成功をおさめた。. 宮沢賢治 は 岩手県 の風土に根ざした数多くの詩と童話を書いたが、生前に刊行されたのは『 春と修羅 』( 年 (大正13年))・『 注文の多い料理店 』( 年 (大正13年))の2冊のみであった。宮沢の作品が評価を受けるのは彼の死後のことであり、特に 草野心平 の尽力によるところが大きい。.

文壇の長老となった 谷崎潤一郎 は『 鍵 』( 年 (昭和31年))、『 瘋癲老人日記 』( 年 (昭和37年))を、 室生犀星 は『 杏っ子 』( 年 (昭和31年))を、 川端康成 は『 眠れる美女 』( 年 (昭和36年))、『 古都 』( 年 (昭和37年))を、 井伏鱒二 は『 黒い雨 パズドラ 緋空の転界龍 年 (昭和41年))を発表し存在感を示した。 野上弥生子 も 年 (昭和60年)に 死去 するまで永く活躍した。.

  • 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 日本大百科全書 ニッポニカ 「大衆文学」の解説 大衆文学 たいしゅうぶんがく.
  • 昭和10年からは吉川英治が『 宮本武蔵 』の連載を開始。剣禅一如の境地を求める主人公を描いたこの作品は戦争下において広く受け入れられ、大衆文学の転機となった。また 大佛次郎 の『 鞍馬天狗 』はアラカンこと 嵐寛寿郎 主演で映画化され、高い人気を博した。一方、「 捕物帳 」というジャンルで 岡本綺堂 、 陣出達朗 らが活躍。このジャンルは時代小説の主流となった。戦時中は股旅、探偵小説が禁止され、綺堂『 半七捕物帳 』、達朗『 伝七捕物帳 』などの捕物帳が盛んであった。ほかにも 子母沢寛 の『勝海舟』、 山本周五郎 の『日本婦道記』などが読まれた。. メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ.

22 21. : Wikipedia. 30 30 - 39. PDF.      .

花やぐ愛は大正ロマン!

戦時体制の強化により プロレタリア文学 の小説家たちは弾圧を受け、政治性や思想性を放棄した 転向作家 が続出した。 中野重治 の『村の家』( 年 (昭和10年))や、 高見順 の『故旧忘れ得べき』( 年 (昭和10年))、 島木健作 の『 生活の探求 』( 年 (昭和12年))などが 転向文学 の代表である。また、危機的な時局を背景に国粋的動向とともに 保田與重郎 や 蓮田善明 ら 日本浪曼派 の文学活動が見られた。. 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』. 大衆文学 「 純文学 」のページをご覧ください。. これに対し、自由・民主主義の空気を背景に、「 白樺 」で活動した 白樺派 の人々は、人道主義を主張した。『 お目出たき人 』( 年 (明治44年))『 友情 』( 年 ( 大正 8年))の 武者小路実篤 や、『 和解 』、『 城の崎にて 』(ともに 年 (大正6年))の 志賀直哉 、『 或る女 』( 年 (大正8年))の 有島武郎 、『 多情仏心 』( 年 (大正11年))の 里見弴 らである。特に志賀直哉の 私小説 ・ 心境小説 は 純文学 の規範として同時代の若い小説家たちに多大な影響を与えた。.

GHQ 30.    . 18 22 30 22 24. My My My. 14 4. 10 10 - 19 セーラーサタン 18 19.

大正時代の文豪と代表作を紹介!

この記事は 検証可能 な 参考文献や出典 が全く示されていないか、不十分です。 出典を追加 して記事の信頼性向上にご協力ください。 出典検索? 華族の家督相続争いを背景にヒロインの人生を描いた小説。  大阪の浪花座で上演されてブームとなり、百貨店には渦巻人形、渦巻染めが登場。  ヒロインに憧れ髪形を真似るファンまで現れることになりました。. 時代は恋愛小説を求めるようになり、その流れに乗って売れだしたのが谷崎文学でした。  一人のサラリーマンが奔放な美少女ナオミの魅力に引きずられてゆく物語は、ロングセラーとなり、何度も映画化されます。  「ナオミズム」という流行語も生まれました。.

My -. 34 43 45 43 NAKIWARAI 43 31. GHQ 30. 18 19 18 20 .

本のタイトル・著者・気になるキーワード・キュレーター名

初版も30万部と強気な数でしたがすぐに売り切れて10万部を増刷。  しかし、震災の影響で紙などの資材が不足したため、それ以上の増刷ができなくなりました。. 現代物では、まず、戦前戦後から高い人気のあった 石川達三 や 丹羽文雄 、 石坂洋次郎 、 舟橋聖一 らが依然としてベストセラーを連発していた。特に石坂洋次郎は『 wis ネトゲ 』( 年 (昭和31年) - 年 (昭和32年))や『 あいつと私 』( 年 (昭和36年))をはじめ、その作品は毎年映画化されて国民的な人気を博した。石川達三は『 四十八歳の抵抗 』( 年 (昭和31年))や『 人間の壁 』( 年 (昭和34年))などの話題作を発表して書名は流行語にまでなった。他方で、新進作家も台頭。 源氏鶏太 は『 三等重役 』( 年 (昭和27年))などで人気を集め、その後も 城山三郎 の『総会屋錦城』( 年 (昭和34年))、 山口瞳 の『 ナルト the last 無料視聴 』( 年 (昭和38年))など後の 経済小説 へと繫がっていくサラリーマン小説の分野が現れた。『さらばモスクワ愚連隊』( 年 (昭和41年))や『 蒼ざめた馬を見よ 』( 大ガマ 土蜘蛛 (昭和42年))などで登場した 五木寛之 は、若い世代を中心に爆発的なブームを呼んだ。焼跡闇市派を自称した 野坂昭如 は『 火垂るの墓 』( 年 (昭和42年))などの独自の戦争小説を書いて好評を博し、 新田次郎 は山岳小説で多数の読者を得た。年代記物や歴史物で注目を集めた 有吉佐和子 や、石川達三の社会小説の系譜を継ぐ 山崎豊子 なども人気を集め、のちにベストセラーを連発することとなる。他に、推理小説から 純文学 に志向し始めていた 水上勉 の作品や、 梶山季之 の経済小説、 川上宗薫 の 官能小説 、また、『 挽歌 』(年)の サイコショッカー 城之内 や『 氷点 』( 年 (昭和40年))の 三浦綾子 、さらに 平岩弓枝 、 立原正秋 、 田辺聖子 らによる現代物・恋愛物なども人気を博した。.

こうした 写実主義 的な近代小説が充実し始める一方、政治における 国粋主義 的な雰囲気の高まりにともなって、 ルミナス スライム や 近松門左衛門 らの 古典文学 への再評価が高まった。 年 (明治18年)、 尾崎紅葉 、 山田美妙 らが 硯友社 をつくり、「 我楽多文庫 」を発刊した。 擬古典主義 のもと、紅葉は『 二人比丘尼色懺悔 』( 年 (明治22年))や『 金色夜叉 』( 年 (明治30年))を発表した。 幸田露伴 は『 露団々 』、『 風流仏 』(ともに 年 (明治22年))、『 五重塔 』( 年 (明治24年))などの小説のほか、評論や古典の解釈など幅広く活躍した。紅葉と露伴の活躍した時期は「紅露時代」と呼ばれた。.

46 - 55 55 56 5 40 - 448 46 - 56 47 - 6099 59.     .

その他の: